ライフコーチングを日常に – すべての人が自分らしく輝くためのコミュニティ
オンライン・土日祝日も受付中

ほんものの成長は、経験することでしか得られない

知識があることと、経験があることは全然違う

よくあるのは、何かしらの理論のかっこいい名前を知っていたり、メソッドを知っていたりすること。

それで知った気になってしまうのだけれど、私が思うのは、そういう名前とか呼び方とかはどうでもよくて、それを本当に自分のものとして使いこなせるか?というところの方が、ダンゼン重要だと思う。

つまり、それは言い方を変えれば

インプットをしただけなのか、それともアウトプットもできるのか?

ということに尽きる。

パンなんて、小麦粉とイーストと水を混ぜて焼けばいいだけでしょ

という人と

毎日パンを焼いていて、日々工夫しながら昨日よりも美味しいパンを焼こうとしている人

では、見えている世界は全然違うのはわかるだろう。

だから、勉強やインプットをするのはいい。

でもそれで満足しないでインプットした知識を実際に使っていく、ということをしていくことが、自分の成長にとって最も大切なことだ。

実はインプットだけしているのは非常にラクだ。

だって実践しなければ失敗する必要もないし、自分の手を動かして泥臭く頑張る必要もない。

でも、「勉強した」というのは事実だから、それなりの満足感や自己肯定感は手に入る。

人に話せるだけのある程度の知識だって身につく。

でもその横で、アウトプットに乗り出した人は、失敗もするだろう。

思っていたよりもうまくいかなかったり、予測していないハプニングにも出会うかもしれない。

カッコよく、キラキラしている場面だけには絶対にならない。

でもここで得た経験を通しての自分の成長は、誰がどう見たって本物だ。

成長したい、という人はぜひ学んだ知識を実践してほしい。

そして学んだ知識に自分の経験を加えて、より自分らしいオリジナルのメソッドを作り上げてもらいたい。

それがみんなが求めている「自分らしく生きること」です。

お試しコーチングセッション