望むことを実現するためにフォーカスすること

意識をどこにフォーカスさせているのかを

はっきりと認識する

 

というのはとても大事なことです。

 

なぜならそれが自分の信念につながり

そしてその信念が現実に反映されている

それだけがこの世界で私たちが

経験していることだからです。

 

例えば

○○反対 ということにフォーカスしている人というのは

基本、○○があるのが普通で、それを変えなければ!

という考え方を持っているわけです。

 

○○にはあなたがしっくりくるものをなんでも入れていただければいいのですが

例を挙げるなら

戦争、原発、値上げ、ワクチン、農薬散布

というような言葉が入ります。

 

私はそういう活動している人たちを

批判したいとかそういう訳ではありません。

ただ、そういうのを見ると

ああ、ちょっと惜しいなあ・・・

と思ってしまうんです。

 

せっかくいい活動をしていても

フォーカスの仕方によっては

自分が望むものが今そこにない、という状態に

エネルギーを合わせている。

 

その状態では望む状態にするのが無理とは言わないけれど

アクセル踏みながら同時にブレーキかけてる感じで

望む方向に持っていくのが難しくなってしまうんです。

 

 

じゃあどうしたらいいのか?

本当はね、大きな声を上げずとも

ただそれが望む状態がある状態を信じればいいのです。

 

例えば

心から完全に「平和」という状態を信じている人は

誰かといざこざを起こそうとしたりしないですよね。

何か問題があっても 平和的に解決するはず。

 

 

クリーンな地球、ってことに焦点を当てていれば
普段から自然にクリーンなエネルギーを使ったり
リサイクルを積極的にしたりするはず。

 

 

 

そしてそのエネルギーは
自分の中だけではなく
その周りにも伝染するものなんです。

 

なぜなら
自分の人生に現れるものは
自分のエネルギー、もしくは波動が同じものを引き寄せているだけなので
自分が平和のエネルギーであれば
あなたの周りには「平和」が広がるしかないのです。

 

そしてその波動はどこから来るか、というと
あなたの信じていることからきます。

 

そして
この法則は絶対なので
あなたが

 

「私の信念を変えれば、周りも変わる」

 

と本気で信じていれば
変わるものなんです。

 

ただ、その考え方に
心のどこかに
「そうは言っても、そんなのやっぱり無理だよね」
という考えがあれば
やっぱり無理になってしまうんです・・・

 

本当にシンプル

 

これは何も上で例に挙げた
社会を変えるような活動だけのことではありません。
私たちの日常生活のことも同じ。

 

誰かを必要以上にかわいそうと思ってませんか?
誰かの病気が良くなりますように、と願いすぎてませんか?
誰かがもっと幸せになりますようにと、考えすぎていませんか?

 

もちろんそう思うことは悪いことではないのですが
必要以上にそのことを意識しすぎると
(つまり、常にそのことに気を取られたり、そのことばかり考えている状態)
その思いが、潜在意識の信念にまで影響するのが問題なのです。

 

そうではなく

 

その人の中にある強さをみてあげる
元気なエネルギーを見つけてそこにフォーカスする
小さな幸せのかけらを見つける

 

それが真の助けになります。

 

 

過去 かわいそうだったから
過去 病気だったから
過去 不幸な出来事があったからって

 

その人をずっとそれ扱いする必要はありません。

 

さっさとそのエネルギーから足を洗えるように
あなたがフォーカスすべきは
望んでいる状態になっている
その人をみてあげること。

 

それは他人に対してだけではなく
自分に対しても同じです。

 

過去

 

うまくできなかった自分
勇気がなかった自分
弱かった自分
意地悪な自分

 

だったからって
いつまでも自分をそういうキャラ扱いすることないんです。

 

自分の中に1ミリでもある
今持っている勇気、強さなどを
見つけて、そこを意識的にみてあげてください。

 

 

自分が望むことを
現実にするためにできることなんて
本当にそれしかないんですよ。

 

コーチングセッションのプログラム詳細をみる↓