慣れない海外生活を楽しめるようになるシンプルな考え方

 

日本を出て海外に住み始めてから、何年くらい経ったかなあ、と計算してみたらなんとそろそろ満17年!

ちょっと自分でもびっくりですが、最初は慣れない海外生活、色々大変だったよなあ、と懐かしく思い出しました。そこで今日は、海外で暮らすことの悩みへの対処の仕方、についてお話ししたいと思います。

海外生活は楽しい?

 

海外に転勤になって、見知らぬ土地で、友達もいない生活をしている方。

留学をしよう、と意気込んで見知らぬ国に来てみたものの、思っていたのとは違って苦戦している方。

現地の言葉をなかなか覚えられなくて、出かけるのも億劫な方。

日本の生活が恋しくて仕方がない方。

 

⭐️ 友達や家族に会いたい

⭐️ ストレスなく自由に外に出たい

⭐️ 日本語で思いっきりおしゃべりしたい

 

色々悩みは尽きないけれど、海外で生活する、という誰もがするわけではない体験をできているのも確か。

どうせなら、悩んでばかりいないで、いろんな新しいことを吸収したり、新しい文化や人と出会う、充実した時間にしたいと思いませんか?

 

海外生活でまずぶち当たる壁

 

もちろん、理性ではこの経験が素晴らしいことなのはわかっているけど・・・・

 

でも私は日本で食べてたようなケーキが食べたいし、お気に入りのラーメン屋さんのラーメン、定期的に食べたいし、お稽古事も日本語でしたいし、たまには気のおけない友達とランチに行ったりしたいし、自由に仕事したりしたいし、買い物行って言葉が通じなくてなんかバカにされたような気分になるのはもう嫌!

 

海外に住み始めたばかりだと、こんな風に感じて、余計にホームシックが募るものです。

 

 

私も2003年にシンガポールで新婚生活を送り始めた最初の1ヶ月は、まだ住む家も決まっていなくてサービスアパートメントに滞在。お掃除などは業者が入るので、家事もほとんどすることなく、家も決まっていないから買い物するにしたって食料品がメイン。夫は当然仕事で1日中いないし、私は日本での仕事を辞めて来たから毎日なんにもすることなくて、つまらなかったなあー。

幸い英語はできたのと、シンガポールは安全だしインフラも整っているから、フラフラと日中一人で出かけたりはしていましたが、最初はバスに乗るのもスーパーでのお買い物も、ちょっとドキドキするし、ちょっと勝手が違うことがあって周りの人に変な顔されたりすると、一気に凹みますよね。

そんな時につい日本に友達にいる友達や家族と話したりすると

 

⭐️ 仕事見つけて働けば?

⭐️ 常夏の島にいて、優雅な生活していて羨ましい

⭐️ なんか習い事でも始めるチャンスじゃない?

 

なんて言われて、全然相手に自分の辛さが通じてなくて、またしても落ち込んだり・・・

 

住めば都、に変える方法

 

さて、じゃあどうしたらいいのでしょうか?

 

実は、あなたの抱えている本当の問題は、日本語を話す友達がいないことでも、日本の製品が買えないことでも、仕事がないことでもありません。

 

じゃあ何が問題なのかというと

 

⭐️ 新しい状況を楽しむだけのパワーがない

⭐️ 新しいところに飛び込むのが怖い、自信がない

⭐️ 自分が今まで知っているものだけが安全、安心という思い

 

これらが、真に抱えている問題なのです。つまり、これらを改善することができれば

 

住めば都

 

に簡単になってしまいます。

もちろん不便なこと、日本と違うこと、というのは何年経ってもありますが、それを逆に楽しめるようになったり、なくても困らなくなったり、逆にその国のいいところを見つけたり、ということができるようになるのです。

 

具体的にはどうすればいい?

 

そんなの無理・・・

と思ったあなた、

大丈夫、あなたでもできますよ。

 

まず最初のステップは、今は落ち込んででもいいということにしちゃってください。

誰だって、新しい環境には多少の慣れが必要というもの。それが初めて行く国だったりしたら、毎日が文化の違いにびっくりしたり、言葉の壁にぶち当たる連続です。

そして、人間誰でも、知っている環境から飛び出す(コンフォートゾーンから出る)には、多少の勇気が必要です。でも実際あなたは、どんな理由にしろ、海外に出る、という大きな選択をしたのだから、もうコンフォートゾーンから実は半分出ているのです。

 

そして、次のステップ。自分はここで何がしたいのか?ということを、じっくり考えてみてください。

優雅に楽に暮らしたい、仕事をしたい、語学を学びたい、近隣諸国にたくさん旅行に行きたい、その国の文化に触れたい、今までずっとやりたかった趣味を極めたい、子育てを通していろんな人と知り合いたい、等色々あると思います。

世間の常識とか、親の期待とか、そういう変なジャッジや罪悪感を入れず、自分に素直に答えてくださいね。あなたが頭の中で考えるだけなので、誰もそれに異議を唱えたり、困ったりはしませんから。

そして、万が一「どうしても日本に帰りたい」という答えが出てきたなら、それもOKなんですよ。ダメ出しせずに、その気持ちをきちんと受け止めてあげてくださいね。

 

自分のしたいこと、がわかったら、あとはそれを叶えるために、アクションするのみ。

仕事したいなら、その国で仕事する方法(ビザが必要ですね)を調べたり、求人情報を探したり。

趣味を極めたいなら、どんな風にやるのか?(自分一人でできることなのか?何か材料や機材が必要ならそれを揃える、技術を習いに行く、など)

旅行に行きたいなら、具体的な旅先をリストアップしたり、航空券を手配するとか。

 

ね、簡単だと思いませんか?

あなたが今悩んでいるのは、失ったものばかり、今持っていないものばかりにフォーカスしてしまっているから。

今ある環境で何をしようかな?という考え方に変えるだけで、具体的に行動するアイテムがはっきりとし、そして気持ちが未来に向くので、エネルギーが湧いてくるんですよ。

 

 

笑顔で海外生活、楽しもう!

 

これを読んで

 

⭐️ まあなんとなくはわかったけど、でも自分は今落ち込みすぎてて一人でこれをやる自信がない

⭐️ こんなの、一人でできるくらいなら、苦労はしないわ!

 

という方へ。

私のコーチングセッションでは一人一人の状態を見ながら、あなたに合わせたペースで、あなたがやりたいことを見つけ、そしてそれに向かって行動するためのお手伝いをしています。

せっかくの海外生活。

期間限定なんだとしたら、さっさと楽しむことを始めなければすぐに帰国の日になってしまうし、永住するつもりなら、なおさら早く慣れて楽しい生活にしたいですよね。

ぜひコーチングセッションを賢く利用して、サッパリした気分で自分らしく海外生活、楽しみませんか?

オンラインで、土日もOKのコーチングセッション、きっとあなたの助けになるはず。

たくさんの方が笑顔で海外での新生活を楽しまれること、願っています。