ライフコーチングを日常に – すべての人がホリスティックに自分らしく生きる世界を目指して
オンライン・土日祝日も受付中

他人のイライラを受け取らない

時々ものすごくイライラしている人に出会うことがあります。

私は現在そういう人に出会っても何のダメージも受けずに受け流せるし、その後に影響が出ることは全くありません。

でも昔からそれができたわけではなくて、以前だったら少なくとも1日は嫌な気分を引きずって過ごしていたような気がします。

もしあなたが「引きずってしまうタイプ」なら、現在の私が昨日起きたことに対してどんな風に考え、どんな行動に出たのか、ということを読んでいただくことが、小さな変化へのきっかけになるかもしれないと思い、この話をシェアすることにしました。

最近ドイツは銀行口座を開く、ということもオンラインで簡単にできます。

ただもちろん本人確認は必要で、ビデオチャットシステムを使ってIDを確認する、という作業が入ります。そのオペレーターの女性とのエピソードです。

確認のために右手にはスマホのカメラを持ち、左手にはパスポート。パスポートを上下左右に傾けたりしてホログラムを見せる、ということをしなくてはいけないのですが、何しろ片手しか使えないからたまにスマホとパスポートの距離が変わってしまったり、動かすスピードが一定でなくなったり、何かの表紙に指が動いてしまいデータが隠れてしまったり、となかなか一筋縄ではいきません。

ドイツ人が一般に使うカードサイズのIDならもう少し扱いやすいのかもしれないけれど、外国人の私が使えるIDはパスポートのみ。それなのにパスポートが大きすぎて、なかなか思うように扱えないのです。

その度にそのオペレーターの女性からほぼ怒鳴られ続けるわたし・・・

大昔の私なら、きっと泣きそうになりながら、相手に言われるがままにやり終えたことでしょう。そして、その後の1日を気分が悪いまま過ごし、悲しくなったり、落ち込んだり、誰かに当たったりしていたかもしれません。

なぜなら、気分が悪くてもこの方法でやり遂げなければ、銀行口座を開くことさえできない、という恐怖にフォーカスしてしまっていたからです。

今の私はこの状況に対して、全く違う理解をしています。この状況に対して私が思ったことは

  • 自分は精一杯の対応をしているということを知っているし、それに対して怒鳴られる筋合いはない、ということも知っている。
  • 彼女がイライラしているのは彼女の勝手であって、違う対応もできるはずなのにそれをしないことに関して、私にできることは何もないということも知っている。
  • 自分は価値ある人間なので、どんな状況においても、他人に自分を怒鳴らせる、などという行為を黙って見逃すことは許されない。

ということです。

だからあくまで冷静に、もうこの方法ではやりたくないので、郵便局に行ってやることにします、と静かに伝えましたら、さよならも言わずブチっと切られてしまいました・・・苦笑

さて、もう一度状況を整理してみると、ことの発端は、何らかの原因でオペレーターがイライラしていたということです。

そしてそのイライラの原因は私には知りようもないけれど、いくつか捻り出すならば

  • ID確認に日本のパスポートを使うのが初めてでテンパっていた。

最初にパスポートを使うと言った時に、ちょっと待ってください、と言って数分間席をはずしたので、おそらく本当に初めてだったでしょう。

  • その聞きに行った相手に、もしかしたら何か嫌味を言われたり、そんなことも知らないのか?みたいな対応をされたかもしれない。それですでにイライラが始まった。
  • ドイツのIDじゃない、めんどくさいなー、ということでイライラした。
  • やり方がわからない、できなかったらどうしよう、という不安や恐れからイライラしていた。
  • 外国人のくせに銀行口座を新しく開くなんて、お金を持っているに違いない、という妬み、羨みでイライラしていた。(彼女も名前やアクセントからみて、東欧出身の外国人でした。)
  • 私とは全く関係ない理由(家族と喧嘩・ホルモンバランス・仕事が嫌いなど)でイライラしていた。

まだまだ考えれば他にもきっとあるけれど、これだけの「私がどうにもできない理由がある」ということがわかります。

でも私がどうにもできないことでイライラしているのだから、私は本当に何をすることもできないのです。

相手のテーマを自分のテーマにすり替えないこと、これはとても大事なことです。

そこを取り違えてしまうことで、自分の気分を台無しにしていることはありませんか?

相手をわざとイライラさせようという意図で何か行動しているなら別ですが、そうでないのなら、あなたに責任は全くありません。

すぐには実践できなくても、そういうことなんだ、ということをぜひ覚えておいていただければと思います。

そして、そのID確認、どうなったかというと、その後郵便局まで出かけて、スムーズに終えることができましたよ。

お出かけしたおかげで、こんな光景に遭遇しました。



そして、今度からは多少面倒でも、パスポートの認証が必要な時は最初から郵便局で処理してしまう方が簡単かもしれないなあ、ということも学びました。

自分の気分を、自分から台無しにしなくてもいいのです。

このお話から、何かあなたの人生にヒントになることがあったらとても嬉しいです。

ニュースレターを購読する

ラクな生き方を学ぼう

不定期に発行する無料のニュースレターで、心と思考をスッキリとメンテナンス。楽しいエクササイズや生きるヒントを手に入れて、ラクに生きるコツをあなたもどんどん習得しませんか?